La Dea delle Foreste
ラ・デア・デル・フォレスタで起こる日々の出来事・・・

primavera                 


春のブロッサムパーティーまで、あと一週間。

準備もきちんと進んでいるし……
ふふっ
楽しみだわ!


窓から差し込む光が、だんだんと暖かくなってきて
屋敷を囲む木々たちの芽が、膨らんでいく。

ああ、春なんだ……
って感じるの。

窓を開ければ、南からの暖かい風が……

……強風ね。
髪が乱れるからやめましょ。


ん〜〜、とにかくっ
楽しみだわ!


パーティーにはお父様も帰ってこられるし、
お兄様も……時折顔を見せてはいるようだけれど、
ちゃんと我が家にいらっしゃるのは久しぶりなんじゃないかしら?



そんなことを考えていると、ノックが聞こえる。

あら、ジュリオ。

「お嬢様、本日のお茶をお持ちしました」

ジュリオが部屋に入ると、心地よい香りが部屋中に広がる。

ん…この香りは、ラベンダー?

「さようでございます。
 ラベンダーのハーブティーをご用意致しました。」

んん、この時期に。珍しいわね。

「ラベンダーの香りには、不安や緊張を和らげる効果があると言われております」

ふ〜ん……
もしかして、パーティーを一週間後に控えた私を気遣ってくれてるの?
あなたにしては、やるじゃない!

「ええ…
 木の芽時と言われるこの季節、植物は花を咲かせ、虫は動き出し、動物はエネルギーが活発になります。」

ふんふん。

「人体も同様で、体の奥にしまっていたエネルギーを体中に行き渡らせる時期であり、血の騒ぐ季節。
 身体を流れる春の陽のエネルギーは、時に人を活発にさせますが
 また時には、人に奇怪な行動を起こさせることもありえます。」

……ふんふん?

「このところ、時折夜はうなされているご様子。
 ただでさえ、ゆっくりお休みになられていないロベルティーネ様が、
 春のエネルギーに駆られ、これ以上奇怪な行動をしては、館の皆が心配致します。」

……ふんふん………ん?

「ですから、お嬢様がどうかお静まりになりますようにと、
 本日はラベンダーの……」

ジュ〜〜〜〜〜〜〜リ〜〜〜〜〜〜オ〜〜〜〜〜〜〜………!!!!!!!!

あんたなんて、最低!!!!!!!!!
もーーーーーーーーーー!
出て行けーーーーーーーーーーーっっっ!!!!!
 
: 長女・ロベルティーネ : - : - : posted by La Dea delle Foreste :
<< : 2/6 : >>