La Dea delle Foreste
ラ・デア・デル・フォレスタで起こる日々の出来事・・・

metà pomeriggio                 


遅いわ、ジュリオ! 私が呼んだら、すぐに来なさいと言っているでしょう? いいこと?!

「かしこまりました」

恭しくお辞儀する執事を一瞥して、紅茶を口にする。
百合に似た香りが広がる。
今日はキームンね。

それで ティーパーティーの準備は進んでいる?
そう。 そろそろ招待客が出揃う頃かしら。
リストアップして私の元へ届けてちょうだい。

「そろそろでございますね」

ところで、お父様はいつごろ立たれるのかしら。
ご公務のためとはいえ、今回はずいぶん長いのね……

「先ほど、アルフォンス様のお荷物を馬車へ積み終わったところでございます」

お兄様も、普段は別邸にお住まいだし、 お父様がいらっしゃらない間は、私が此処を守るわ!

「頼もしいですね」

それで、いつ頃なの? お見送りに行かなくては…… え? もうたたれる?!

「先ほど、そろそろでございます、と申し上げましたが……」


あぁ!! もう!!!
あなた、私をバカにしているの?!
すぐに外へ向かうわよ! ついてきなさい、ジュリオ!!
: 長女・ロベルティーネ : - : - : posted by La Dea delle Foreste :
<< NEW : TOP : OLD>>