La Dea delle Foreste
ラ・デア・デル・フォレスタで起こる日々の出来事・・・

custom                 

エルミーラ・コルネリエ・ティーレマンであり、

エルミーラ・コルネリエ・アウデンリートでもあった私が、

ジェラルド様と婚約をして、
エルミーラ・コルネリエ・シェーンハルスになるのね。


ふふっ、なんだか言葉遊びのようですね。


両親と、住む家をなくしてしまったと思っていたのに、

ミスター・ダブロフスキーのおかげで管財人が見つかり、
たくさんの新しい家族ができました。




そんなことを考えながら窓のお掃除をしていると・・・、

「おはようございます、お義父様。」

今までは「旦那様」であった、ジェラルド様のお父様、

アルフォンス・テオーデリヒ・シェーンハルス様は、
なんだか私の顔を不思議そうに眺めていらっしゃいます。



えっ、掃除は私がしなくともよい・・・って・・・。



まぁっ、私ったら、エプロンまで着けて!

ふふ、まだまだここでの新しい生活には慣れそうにありませんね。





そういえば、ジェラルド様。

今日は例の、熊のような親方さんのところにご挨拶に伺うのでしたよね?

私もご一緒してもよろしいですか?

ずっとお話に聞いていた親方さんがどのような方なのか会ってみたいと思っていましたし、
それに、私が「ゲルトさん」に沢山お世話になったお礼も言いたいんです。


えっ、マーチャントの格好で行かれるのですか?

改まった格好で行くのは、気恥ずかしいだなんて…

まあ。ふふ…


ではジェラルド様…
私はメイドの格好で行ってもよろしいでしょうか?

あの時は大荷物で、沢山迷惑をかけてしまったけれど…

一緒に、市場や街を歩いてみたいのです。。


今度は、ふたりで。
: メイド・エルミーラ : - : - : posted by La Dea delle Foreste :
: 1/6 : >>